文字サイズ
  • 文字サイズを中にする
  • 文字サイズを大にする
MENU CLOSE
キービジュアル

論文全件一覧

質問促進リスト(Question Prompt List:QPL )を使った研究論文の一覧です。
*研究によって質問促進シート(Question Prompt Sheet:QPS)と表記しています。
こちらのアイコンから一覧表がダウンロードできます。

Does being accompanied make a difference in communication during breast cancer consultations? Results from a multi-centered randomized controlled trial.

雑誌情報:JJ Psychosoc Oncol 2021; 39 (2): 189-203.
著者名:Buizza C, Cela H, Ferrari C et al.
調査実施国:イタリア
対象:早期乳がん患者324名
質問促進の介入方法:質問促進フォーム「腫瘍医と話し合いたい問題を教えてください」+QPL+情報ちらし
対照:質問促進フォームで質問をリストアップする

Improving quality of life through the routine use of the patient concerns inventory for head and neck cancer patients: main results of a cluster preference randomised controlled trial.

雑誌情報:Eur Arch Otorhinolaryngol 2021; 278 (9): 3435-3449.
著者名:Rogers SN, Allmark C, Bekiroglu F et al.
調査実施国:英国
対象:治療相談:Multidisciplinary Team (MDT) Meetingsにかかる患者
質問促進の介入方法:QPL+医師へフィードフィードバック
対照:通常診療

Effects of a Question Prompt Sheet on the Oncologist-Patient Relationship: a Multi-centred Randomised Controlled Trial in Breast Cancer.

雑誌情報:J Cancer Educ 2020; 35 (3): 621-628.
著者名:Buizza C, Ghilardi A, Mazzardi P et al.
調査実施国:イタリア
対象:早期乳がん患者324名
質問促進の介入方法:QPL+情報ちらし+質問促進フォーム「腫瘍医と話し合いたい問題を教えてください」
対照:質問促進フォームで質問をリストアップする

INvolvement of breast CAncer patients during oncological consultations: a multicentre randomised controlled trial—the INCA study protocol.

雑誌情報:BMJ Open 2013;3:e002266.
doi: 10.1136/bmjopen-2012-002266
著者名:Goss C, Ghilardi A, Deledda G, et al.
調査実施国:イタリア
対象:(プロトコル論文)がん患者300名とその同伴者
質問促進の介入方法:QPL+情報ちらし+質問促進フォーム「腫瘍医と話し合いたい問題を教えてください」
対照:質問促進フォームで質問をリストアップする

Empowerment of men newly diagnosed with prostate cancer.

雑誌情報:Davison, B. J. and L. F. Degner (1997).
著者名::Cancer Nurs 20(3): 187-196.
調査実施国:カナダ
対象:前立腺がん患者60名
質問促進の介入方法:QPLと情報冊子を使用
対照:前立腺がんに関する情報冊子